浅はかな考えで投資すると危険

株投資するなら事前に勉強する

 給料がなかなか思うように増えてくれないため、少しでもお金を増やすべく投資を始めることを計画している人は少なくないでしょう。しかし、株は損をしてしまうかもしれないから怖いと考えている人はかなりの割合を占めます。もちろん、世界的な金融危機等が起きた結果、短期間で株価が暴落してしまうこともありますが、あらかじめ投資を行う前に勉強をしておくことで、大きな損をしてしまうリスクを避けることができます。
 具体的に、株を購入する前に様々な指標を勉強することが望ましいでしょう。具体的にはPERやPBRと言ったものがこれに当たります。これらの指標を事前に知っておくことで、その時の株価が高すぎないか等を判断することができます。つまり、仮に、金融危機等で大半の銘柄が暴落してしまうような相場であっても、購入した金額が割安であれば、損をしてしまうとしてもその被害を最小限に抑えることができるのです。また、購入する銘柄の検討をつけた際に有効になってくる知識が企業会計です。つまり、企業が定期的に公開している財務諸表を読み解くことで、その会社が投資に値するかどうかをより正確に分析することができるのです。そのため、株投資を始める前に財務諸表を読むことができる程度の会計についての勉強をしておくことが望ましいでしょう。この他にも、歴代の名投資家たちの残してきた格言を調べたり、彼らの著書を読み込むことも投資で成功するためには有益であると言えます。つまり、過去に大きな成功を収めてきた投資家たちがどのような投資哲学を持って株を選んできたかを知り、それに従ったり自分なりに応用することで、銘柄選びの道しるべになってくれ、損をしてしまうリスクを軽減させてくれます。

◆株を始めるならばまずは知識が必要です
まずは株入門サイトで学ぶ
◆株を選ぶ時に気を付けたい仕手株
仕手株情報ならココ!
◆人気の投資を調べよう
投資顧問
◆未経験者ならまずは低位株から
低位株ってどんなもの?